建蔽率は敷地面積に対する建築物の建築面積の割合

トップ > 都市計画の制限

建物の建築やその他の行為を制限

都市計画が計画通りに実現するように、建物の建築やその他の行為を制限する事を都市計画制限といいます。

用途地域に関する都市計画には、容積率を定めなければならない。

又、商業地域以外の用途地域に関する都市計画には、建蔽率を定めなければならない。

容積率とは、敷地面積に対する建築物の延べ面積の割合の事で。

建蔽率とは、敷地面積に対する建築物の建築面積の割合の事です。

  • 特別用途地区内:地方公共団体の条例で用途規制を強化、緩和できる
  • 高層住居誘導地区内:容積率制限、斜線制限の緩和などが定められる
  • 高度地区内:建築物の高さを都市計画の高さの最高・最低限度に適合させる
  • 高度利用地区内:容積率、建蔽率、建築面積、壁面の位置を都市計画に適合させる
  • 特定街区:容積率、高さ、壁面の位置を都市計画に適合させる
  • 景観地区:建築物の敷地・構造・建築設備につき地方公共団体の条例で定めること可
  • 風致地区:建築物の建築・宅地の造成等につき地方公共団体の条例で規制可
  • 都市再開発方針等:個別の都市計画の上位に位置し都市計画はこれに即する
  • 市街地開発事業:市街化区域、区域区分が定められていない都市計画区域内に定める
  • 市街地開発事業等予定区域:早い段階で大規模な開発適地を確保するために定める
  • 促進区域:市街化区域、区域区分が定められていない都市計画区域内に定める
  • 遊休土地転換利用促進地区:市街化区域において定める
  • 被災市街地復興推進地域:大規模な災害により緊急健全な復興が必要な土地に定める
  • サイドメニュー

    ページのトップへ戻る